年賀状作成ソフト

年賀状ソフトのおすすめランキング。有料ソフト・無料ソフトを全てご紹介

忙しい年末に、さらに大変なのが年賀状……ちょっと憂鬱になりますよね。

いろいろと悩ましい年賀状作りで大活躍してくれるのが年賀状ソフトです。

年賀状ソフトさえあれば、だれでも簡単にきれいな年賀状が作れます。

ただ問題なのが、どの年賀状ソフトを使うかという点。『年賀状ソフトがいろいろあり過ぎて正直どれを使えば分からない!』という方が多いのではないでしょうか?

今回は、年賀状ソフトで迷っている方向けに有料・無料を含めてすべての年賀状作成ソフトの中からおすすめソフトをご紹介します。

マキ
マキ
年賀状作成ソフト選びで迷っている方は多いですよね?

有料ソフトだけでも筆王、筆まめ、筆ぐるめ、宛名職人…etcと数多くの年賀状ソフトがあります。

無料ソフトも含めて、おすすめの年賀状ソフトをご紹介していきますので、是非参考にしてくださいね。

年賀状ソフト(有料)のおすすめ

年賀状ソフト(有料)のおすすめ

まずは年賀状ソフトで有料のソフトを計5本おすすめ順にご紹介します。

  1. 筆王
  2. 筆まめ
  3. 筆ぐるめ
  4. 宛名職人
  5. 楽々はがき

第1位:筆王

筆王
メーカー ソースネクスト
価格 2,480円(ダウンロード版)
2,500円(DVD-ROM版)
収録デザイン数 30万点

有料ソフトの中でおすすめ第1位は、コスパ抜群で機能が優れている筆王です。

筆王の収録デザイン数30万点と筆まめの次に多く、画像編集機能が年賀状ソフトの中で一番高機能で使いやすいです。

それでいて有料ソフトの中では一番お手頃価格なので、コスパに優れている年賀状ソフトです。

\コスパNo.1!写真加工機能が充実/

筆王のメリット①:画像編集機能が充実&素材数が多い

筆王 画像編集機能

筆王のメリットは、画像編集ソフト顔負けの画像編集機能を備えている点。

写真に映りこんでいる不要な箇所を自然に修正したり、必要な部分だけを切り抜いたりといったことも自由自在です。

『自分で撮った写真を編集して年賀状に使いたい』という方にはピッタリのソフトだといえるでしょう。

また、デザイン素材が30万点も入っているのが大きな魅力です。

最新バージョンでは1,000点の新デザインが追加され、新元号にも対応しているので、これがあれば年賀状作成で困ることはまずありません!

筆王のメリット②:コスパが抜群!安く購入できる

筆王 筆まめ 筆ぐるめ
価格
ダウンロード版
2,480円 3,880円 3,600円
価格
DVD-ROM版
2,500円 3,900円 3,700円

収録デザイン数が45万点と一番多いのは筆まめですが、値段は4,000円前後とやや高め。

一方、デザインが30万点と充実しており、画像編集機能が充実しているのに、筆まめの4割引き程度で買える筆王はコスパ抜群です。

さらに、特典で下記のソフトが無料で付いてきます。

  • まるで手書き for 筆王:手書き文字をスキャンしてオリジナルフォントが作れるソフト
  • ペタットラベル印刷2:ネームシールからTシャツまでさまざまなラベルを作れるソフト

コスパで選ぶなら、まず筆王が一番でしょう。

筆王のデメリット:収録例文数が少なめ

あえてデメリットを挙げるとしたら、収録例文数が他の有料ソフトに比べてやや少ない点でしょうか。

筆まめや筆ぐるめといった他の有料ソフトが2,000以上の例文を収録しているのに対し、筆王は1,500ほど。

とは言っても1,500もの例文があれば、一般的な文章は選べるので問題ないです。

また、『コメントは自分で書く!』と考えている方も全く影響はないでしょう。

第2位:筆まめ

筆まめ
メーカー ソースネクスト
価格 3,880円(ダウンロード版)
3,900円(DVD-ROM版)
収録デザイン数 45万点

続いて2位は、収録デザイン数No.1の筆まめです!

筆まめは収録デザイン数45万点と圧倒的に多いのが特徴です。

豊富なデザイン・フォントで『他の人の年賀状に差をつけたい』という方にはおすすめの年賀状ソフトです。

\デザイン充実度No.1!宛名面もデザインできる/

筆まめのメリット①:デザイン充実度No.1

筆まめ デザイン

筆まめのメリットはなんといっても年賀状ソフトNo.1デザイン収録数の充実度

45万点の素材から選べるとなると、どんな年賀状にしようかワクワクしますよね。

最新バージョンには新年にピッタリの水引や歌川広重の日本画のスペシャルデザイン年賀状が含まれています。

筆まめのデザインを上手に利用すれば、みんなに注目される年賀状が作れること間違いなしです!

筆まめのメリット②:宛名面がデザインできる

筆まめ 宛名デコ

筆まめには、宛名面がキレイにデザインできる宛名デコという機能があります。

『宛先と差出人だけ書いた宛名面じゃつまらない!』という方は、宛名面を美しくデザインしてみるといいでしょう。

宛名面が美しくプリントされた年賀状を受け取ったら、思わず『おっ?!』となりますよね。

他社にはない、筆まめだけのオリジナル機能で、年賀状のデザインがより一層楽しくなるでしょう。

筆まめのデメリット:値段が高い

筆まめのデメリットは値段が高い点です。

筆まめは4,000円前後と他のソフトと比べると値段が1.5倍近く高いのがネック。

その分、収録デザイン数が多く、機能が充実しているのですが、コスパの面では劣ります。

暑中見舞いや寒中見舞い、ハロウィーン、転居報告のはがきなど年賀状以外にも一年中使えるデザインが多数収録されていますが、年賀状にしか使わない場合は4,000円前後という値段は高く感じられるかもしれません。

第3位:筆ぐるめ

筆ぐるめ
メーカー 富士ソフト
価格 2,780円(ダウンロード版)
4,000円(DVD-ROM版)
収録デザイン数 2万5,000点

筆ぐるめは、初心者向け機能が魅力的な年賀状ソフトです。

収録デザイン数は少なめですが、操作が分かりやすく、画像編集機能もなかなかで、年賀状を楽しくデザインできます。

\使いやすくてサポート充実!初心者ならコレ/

筆ぐるめのメリット①:使いやすくてサポート充実

筆ぐるめ かんたんモード

筆ぐるめは、分かりやすい操作画面とかんたん筆ぐるめモードで初心者に優しい年賀状ソフトです。

特に、「かんたん筆ぐるめモード」を使えば、パソコン操作に慣れていない方でも直観的に操作できるのですぐに年賀状が作れるでしょう。

他社のソフトに比べて機能が少ない分、操作がシンプルなので、迷うことが少ないです。

年賀状のプレビュー画面を見ながら操作ができるので、イメージが付きやすいのもポイントです。

さらには、購入者専用の電話サポートが無料で利用できるので、困ったことがあれば電話で直接聞けます。

サポートが充実しているのも筆ぐるめの特徴でしょう。

筆ぐるめのメリット②:セブンイレブンのコピー機で印刷ができる

筆まめ Googleフォト

筆ぐるめならば、セブンイレブンのコピー機で年賀状が印刷できます。

自宅にプリンターがない方でも筆ぐるめさえあれば、年賀状が作れるのです。

プリント料金は1枚税込80円(年賀ハガキ代は別)と少し高めですが、『普段プリンターは使わないし、年賀状のためだけにわざわざプリンター買うのはちょっと』という方には特におすすめです。

筆ぐるめのデメリット

筆ぐるめのデメリットは、収録デザイン数が有料ソフトの中では少なめである点です。

それでも子どもから大人まで楽しめるデザインが揃っていますし、『最低限のデザインがあればいい』という方にとっては特にデメリットにはならないでしょう。

マキ
マキ
筆王、筆まめ、筆ぐるめについては、こちらの筆王、筆まめ、筆ぐるめの比較記事で詳細に比較を行っています。

筆王、筆まめ、筆ぐるめの違いを詳細に知りたい方はぜひ参考にしてください。

筆王・筆まめ・筆ぐるめの比較【2020年版】安くて使いやすい年賀状ソフトはコレ『年賀状作成ソフトってどれが良いの?違いが分からない!誰か教えて~』 『筆王とか筆まめとか筆ぐるめとかよく聞くけど。どれが一番使いやす...

第4位:宛名職人

宛名職人
メーカー ソースネクスト
価格 6,980円(ダウンロード版)
7,480円(DVD-ROM版)
収録デザイン数 15万点

宛名職人はMacのための年賀状ソフトで、Mac用の年賀状作成ソフトとして長く親しまれています。

Macのために開発されただけあって、操作性・連携性はとても高いです。

\Mac用の年賀状ソフトならコレ/

宛名職人のメリット①:Macとの相性抜群!簡単に年賀状が作れる

宛名職人

宛名職人のメリットは、MacのパソコンやiPhoneに保存されている画像を使って年賀状があっという間に作れる点です。

専用のテンプレートにドラッグ&ドロップするだけととにかく簡単。

コメントを添えることもでき、簡単にオリジナル年賀状が完成します。

また、iCloudとの連携も簡単で、iPhoneの連絡先をiCloud経由で連携して自動的に住所録を作成できます

最新バージョンでは「令和」に対応したデザインも1,000点追加されており、Mac愛用者の今後の年賀状作成にも大活躍してくれそうですね。

宛名職人のメリット②:サポート充実!正常に動作しない場合は返品OK

宛名職人は、Macのソフトにしては珍しく、サポートが充実しているのが特徴です。

電話・メールでのサポートに対応していますし、公式サイト上にもQ&A集が充実しているので、何か不明点があればすぐ調べることが出来ます。

また、正常に動作しない場合は返品できます。

Macの設定により、インストールが出来ない、必ずフリーズするetcと何かしらの不具合が起きた場合でも全額返金してもらえるのです。

返品制度があり、サポートが充実しているので、安心してソフトを購入できますよね。

宛名職人のデメリット:値段が少し高い

宛名職人はWindows版の年賀状ソフト(筆王、筆ぐるめ等)に比べると値段が高いです。

高機能でMacOSの新バージョンに対応しており、iCloud、AirDrop、その他の機能と連携できるため値段相当とも考えられますが、Windowsのソフトより1.5倍~2倍程度高いです。

アップグレード版を使えばお得になりますので、まだ宛名職人を持っていない方は今年我慢して次回以降安く購入するようにしましょう。

マキ
マキ
Macで使える年賀状ソフトについては、こちらのMacで年賀状を作成する方法の記事で紹介しています。

Macで年賀状を作成したい方はぜひ参考にしてください。

Macで年賀状を作成する方法。有料ソフト・無料ソフトを全てご紹介MacBookにMacBook Air、MacBook Pro、iMacとデザインが良く、高機能なパソコンですが、一つデメリットがありま...

第5位:楽々はがき

楽々はがき
メーカー ジャストシステム
価格 3,960円(ダウンロード版)
5,676円(通常版)
収録デザイン数 8,770点

楽々はがきは、日本語ワープロソフト・一太郎に搭載されていたハガキ作成ソフトの上位版です。

店頭での販売は行っておらず、公式オンラインショップでの取り扱いのみとなっています。

\年賀状に加えてカレンダーも作れる/

楽々はがきのメリット①:年賀状に加えてカレンダーが作れる

楽々はがき カレンダー

最新バージョンにはお気に入りの写真をはめ込んで印刷できる、ハガキサイズのカレンダーがすぐに作れます。

組み立てて使える専用のスタンドが印刷できるので、これ一つでオリジナルのはがきカレンダーがすぐに作れるのです。

お子さんやペットの写真でカレンダーを作りたいという方は重宝しそうですね。

楽々はがきのメリット②:画像編集機能が使いやすい

楽々はがきは、画像編集機能がシンプルで使いやすいものがそろっています。

  • 写真の切り抜きが簡単な楽々写真カッター
  • 写真にスタンプが押せる変身スタンプ
  • 写真をくっきりきれいにする美肌補正
  • イラストや写真の背景を透明にする透明色設定ツール

上位のソフトのように高機能ではありませんが、いずれも操作が簡単なので、楽しみながらきれいな年賀状が作れるでしょう。

楽々はがきのデメリット:デザインが少ない

楽々はがきのデメリットは、収録デザイン数が少ない点です。

干支や正月関連のデザイン、令和のデザインを中心にテンプレートは約1,680点と上位のソフトが数万点揃える中でやや物足りないと感じる方もいるでしょう。

でも洗練されたデザインのものが揃っていますし、『選択肢がありすぎても選べなくなりそうだし』という方にはちょうどいい数なのかもしれません。

年賀状ソフト(無料)のおすすめ

年賀状ソフト(無料)のおすすめ

続いて、年賀状ソフトで無料のソフトを計7つご紹介します。

  1. はがきデザインキット
  2. みんなの筆王
  3. Web年賀状キット
  4. 年賀状プリント決定版
  5. 筆まめ無料体験版
  6. おうちで年賀状屋さん
  7. プリントマジック

有名どころの年賀状作成の無料ソフトはすべて網羅しています。

使いやすい順にご紹介します。

第1位:はがきデザインキット

Web年賀状キット
メーカー 日本郵便
価格 無料
収録デザイン数 1,000点以上

はがきデザインキットは、日本郵便が開発した年賀状作成ソフトです。

年賀ハガキ以外に官製ハガキなどにも対応しており、年賀状だけでなく、暑中見舞いや寒中見舞い、結婚報告や出産報告、転居報告のはがきにも使えるデザインが用意されています。

\無料ソフトで一番高機能/

はがきデザインキットのメリット:無料なのに高機能

はがきデザインキットの一番のメリットは、無料なのに、高機能であることです。

1,000種類を超えるデザインが収録されており、イラストやスタンプを組み合わせて裏面(通信面)をある程度こだわったデザインにすることもできます。

もちろん、宛名印刷が可能で、CSVデータの取り込みもできます。

有料ソフトに比べるとデザイン数が少ないのと細かな調整ができないのが残念ですが、オーソドックスな年賀状を作りたい方には十分な機能です。

なお、ウェブ版とインストール版がありますが、自宅で印刷する場合はインストール版を利用ください。

はがきデザインキットのデメリット:使い勝手が悪い

はがきデザインキットのデメリットは動作にAdobe AIRが必要である点でしょう。

普段からAdobe AIRを使っていれば問題ないですが、使っていないとなるとソフトをダウンロードするという一手間が加わります。

また、使えるデザインやフォントが少ないのは無料なので仕方がないことかと思いますが、このソフトにはそれ以外に印刷時のトラブルも多く発生している模様。

『番地が日付になって印刷された』『住所が混同したり途中で途切れたりする』など……宛名印刷のトラブルでハガキを半分無駄にしたという口コミが多く聞かれます。

本格的に印刷を始める前に、一度試し印刷をすることをおすすめします。

第2位:みんなの筆王

みんなの筆王
メーカー ソースネクスト
価格 無料
収録デザイン数 3,000点以上

みんなの筆王は、有料ソフトでご紹介した筆王の無料版です。

\パソコンでもスマホでも使える/

みんなの筆王のメリット:PC&スマホで操作・印刷できる

みんなの筆王のメリットは、パソコンに加えてスマホでも年賀状の作成&印刷ができるという点。

スマホなら通勤時間などスキマ時間で手軽にできますし、忙しい方にはありがたいですね。

作成した年賀状はPDFにダウンロードして、自宅のプリンタから印刷するだけです。

プリンタのアプリを利用してスマホから直接印刷することもできます。

みんなの筆王のデメリット:会員登録が必要&印刷ずれも

みんなの筆王のデメリットは、ソースネクストへの会員登録が必要な点です。

他の無料ソフトは会員登録不要ですが、みんなの筆王はソースネクストへの会員登録が必要で面倒です。

また、特に宛名面の印刷の際に印刷ずれが発生する報告が多数寄せられています。

特に郵便番号がずれて年賀はがきを無駄にしたという方が多いです。

PDFに保存して印刷するせいか、パソコンやプリンタの設定でずれが発生しやすいです。

まずは試しに印刷してみることをおすすめします。

第3位:Web年賀状キット

Web年賀状キット
メーカー ブラザー
価格 無料
収録デザイン数 約400点

Web年賀状キットは、プリンターやミシンで知られるブラザーが開発した無料ソフトです。

年賀状のほかに喪中はがきや寒中見舞いのテンプレートもあります。

\ブラウザ上で年賀状が作れる/

Web年賀状キットのメリット:ブラウザ上で操作できる!インストール不要

Web年賀状キットのメリットは、ソフトのインストールが不要でWebブラウザ上で操作できる点です。

有料・無料に関係なく、年賀状作成ソフトは別途インストールが必要になることが多いですが、これはブラウザ上ですべて完結します。

会員登録が不要で、すぐに年賀状が作れるので、使い勝手が良いです。

Web年賀状キットのデメリット:デザイン数が少ない

Web年賀状キットのデメリットは、収録デザイン数が著しく少ない事です。

オーソドックスな年賀状であれば、問題ないでしょうが、きれいな年賀状や他人とは違った年賀状を作りたい場合には物足りないでしょう。

デザインは何でも良いからとりあえず年賀状が作れればよい方におすすめします。

操作性もそこまで良くないので、不安な方は違う年賀状ソフトを使いましょう。

第4位:年賀状プリント決定版

年賀状プリント決定版
メーカー TB株式会社
価格 無料
収録デザイン数 約1,700点

年賀状プリント決定版は、帳票メーカーが作成した無料ソフトです。

ブラウザ上で年賀状のデザインができて、作成したデザインをPDFに保存してプリンタで印刷します。

なお、年賀状プリント決定版は完全に無料ではなく、有料のデザインが多いのでご注意ください。

\年賀状デザインが豊富で探しやすい/

年賀状プリント決定版のメリット:デザインが探しやすい

年賀状プリント決定版のメリットは、ビジネス・会社やカジュアル、家族、子どもなどカテゴリーが分かれていてデザインが探しやすい点です。

シチュエーション別以外にテイスト別、テーマ別の年賀状もあります。

写真年賀状もあり、お気に入りの写真を組みあわせればすぐにデザインが完成します。

年賀状プリント決定版のデメリット:無料なのは一部のみ

年賀状プリント決定版はすべてが無料で使えるわけではありません。

テンプレートが無料年賀状テンプレートとプレミアム年賀状テンプレートの2つに分かれていて、プレミアム年賀状テンプレートの場合は1デザイン税込あたり550円必要です。

デザイン点数無制限で利用するには有料会員登録が必要になり、入会金税込440円+月会費税込440円がかかります。

第5位:筆まめ無料体験版

筆まめ無料体験版
メーカー ソースネクスト
価格 無料
収録デザイン数 120点

筆まめ無料体験版は、有料ソフトでもご紹介した筆まめの無料版です。

そのまま使えるデザインは120点、通年イラストは940点収録されています。

\筆まめが無料で試せる/

筆まめ無料体験版のメリット:無料で筆まめが使える

筆まめ無料体験版のメリットは、有料ソフトで完成度が高い筆まめを無料で体験できる点です。

製品版は4,000円前後と高めなので、使い勝手がわからないまま購入するのはためらわれますが、これで体験して購入するかどうかを決められますね。

ソフト自体の使い勝手や宛名印刷の確認、画像編集機能の使いやすさ、プリンタとの相性などを試すことができます。

筆まめ無料体験版のデメリット:デザインが少ない&印刷制限がある

筆まめ無料体験版のデメリットは、みんなの筆王同様、有料版と比較するとデザイン数が120点のみで圧倒的に少ないという点です。

ただし、文例は有料版と同じ2,724のものが使用できます。

また、宛名・文面は連続して印刷することができず、1枚印刷後に10分間のインターバルが必要となります。

こうなると全部印刷し終えるのにかなりの時間がかかってしまいますから、特に印刷枚数が多いと大変ですよね。

第6位:おうちで年賀状屋さん

おうちで年賀状屋さん
メーカー がくげい
価格 無料
収録デザイン数 800点以上

おうちで年賀状屋さんは子ども向け学習ソフトを開発するがくげいが提供する無料ソフトです。

写真を使用して年賀状を作成できるマイフォト版は有料となっています。

\宛名印刷が可能な年賀状無料ソフト/

おうちで年賀状屋さんのメリット:操作が簡単で子どもでも作れる

おうちで年賀状屋さんのメリットは、デザイン約800点、スタンプや文字スタンプなどを組み合わせて簡単に年賀状が作れるという点。

子ども向け学習ソフトの会社が作っただけあって、余計な機能がなく、操作がシンプルです。

かわいいデザインも多いので、子どもに自分の分の年賀状を作らせるときに良いでしょう。

おうちで年賀状屋さんのデメリット:無料版だと写真年賀状が作れない

おうちで年賀状屋さんのデメリットは、写真を使った年賀状の作成が有料(税込1,018円)になる点です。

写真年賀状は無料版では作ることができません。

自分が撮った写真を使って、無料で年賀状を作りたい場合は別のソフトを使いましょう。

第7位:プリントマジック

プリントマジック
メーカー 株式会社アルファブレンド
価格 無料
収録デザイン数 不明

プリントマジックは、Windows・Mac・Linuxに対応したハガキ・年賀状ソフトです。

Adobe Airのインストールが必要ですが、デザイン面も宛名面も完全無料で作れます。

\Macも使える年賀状無料ソフト/

プリントマジックのメリット:Macにも対応

プリントマジックのメリットは、Macにも対応している数少ない年賀状ソフトであることです。

Macで使えるソフトが少ない中、Mac向けにも作られているのがうれしいですね。

ブラシツールやスタンプといった各種ペイント機能が充実しており、自分でオリジナルの装飾ができて、自由度が高いです。

プリントマジックのデメリット:2017年以降更新されていない

プリントマジックのデメリットは、最新版が出たのが2017年なので素材が古いことです。

2017年以降に更新がされていないのでセキュリティ面でも心配です。

そのまま使える便利なテンプレートもなく、自分で背景やスタンプなどを組み合わせて作成するしかありません。

『センスに自信がないから、もともと入っているテンプレートで年賀状を作りたい』という方には少々ハードルが高いですね。

有料ソフトと無料ソフトの違いは?どれが一番おすすめ?

有料ソフトと無料ソフトの違い

有料ソフトと無料ソフトの大きな違いは、収録されているデザインやフォントの数です。

また、無料ソフトは画像編集機能がほとんどなく、宛名編集機能が使いにくいというデメリットがあります。

無料ソフトでもシンプルな年賀状は作れますが、少しこだわりたい方やお気に入り写真の使った写真年賀状を作りたい方には物足りなく感じるでしょう。

きれいな年賀状を作りたいなら、おすすめは断然有料ソフトです。

有料ソフトの中でのおすすめは筆王

有料の年賀状ソフトの中で一番のおすすめは筆王です。

筆王はコスパが良く、ダウンロード版2,480円、DVD-ROM版2,500円と年賀状ソフトの中では比較的リーズナブルです。

収録デザイン数は筆まめと比べるとやや少ないですが(筆まめ:45万点、筆王:30万点)、30万点もあれば十分ですよね?

年賀状ソフトの中で画像編集機能が一番充実していますし、無料で電話サポートが付くので、何かあれば電話で相談することが出来ます。

年賀状ソフトを初めて利用する初心者からデザインに凝りたい上級者まで、誰もが使えてコスパに優れた筆王が一番のおすすめです。

\コスパNo.1!写真加工機能が充実/

年賀状印刷サイトを使うのもおすすめ

Mac 年賀状印刷サイトで年賀状

『わざわざ年賀状ソフトを買うものもったいないね。』
『そもそもプリンタを持っていないのだけど、年賀状だけのために買うのもどうかしら。』

こんな方は、おたより本舗挨拶状ドットコムなどの年賀状印刷サイトを使ってみてはいがかでしょうか?

デザインが豊富で宛名印刷まで全て任せられるので、印刷ミスやインク切れを心配する必要がありません。

プリンタを持っていない方や年賀状ソフトを購入したくない方は、是非使ってみてください。

なお、年賀状印刷サイトの比較を下記にまとめていますので参考にしてください。

年賀状印刷おすすめランキング!料金が安くてキレイで早いのはココ。クーポンでさらにお得年末年始が近づくと年賀状に悩む方も多いのではないでしょうか? 『年賀状を一枚一枚印刷するのが面倒。。年末が近くて忙しいし。でも早く...

まとめ

マキ
マキ
年賀状ソフトで有料ソフトを5本、無料ソフトを計7本紹介しましたが、やはり無料ソフトはデザイン面や操作性でハードルが高いものばかりです。

  • 収録デザイン数・機能面は有料ソフトが優れている
  • 筆王がコスパNo.1でおすすめ
  • Macであれば宛名職人がおすすめ

Windowsの方は筆王を、Macの方は宛名職人を選べばまず間違えありません。

年賀状ソフトを利用すれば年賀状が楽々作れますよ。ぜひ試してみてください。