プリンター

互換インクおすすめランキング!インク代が安くて写真がキレイなのはココ

自宅で写真や文書をたくさん印刷する方にとって、メーカーが販売する純正インクの高さは頭が痛くなる問題ですよね。

そんな方におすすめしたいのが『互換インク』です。

互換インク専門店ならば、純正インクの半額以下で買えて、品質は純正インクと変わりません。

さらに、万が一の場合の保証が付いているので安心です。

『互換インクが気になるけど、品質が悪そうだし……』と不安に思う方もいるかと思いますが、最近の互換インクはクオリティが高く、心配は無用です。

一度使ってみるとそのコスパの良さにびっくりするはずです。

今回は、互換インクのメリット・デメリット互換インクのおすすめ専門店をご紹介します。

互換インクを使うことで印刷コストを大きく削減できますので、是非参考にしてください。

マキ
マキ
互換インクはプリンターを安く使いたい方にとってはメリットだらけの商品です。

  • 純正インクの半額以下で購入できる
  • 純正インク並みの品質で写真印刷がキレイ
  • 専門店で購入すれば保証付きで安心

ただ、100円均一などの激安ショップの互換インクは品質が悪いものが多いので注意が必要です。

当サイトおすすめのインク革命やインクナビならば、純正インク並みの品質なのに激安価格で買えて、保証が付いているので、まず間違えはありません。

互換インクに興味がある方は試してみてくださいね。

互換インクのメリットとデメリット。激安なのにクオリティが高い

互換インクのメリットとデメリット

そもそも互換インクとは何かというと、プリンターメーカー純正のインクと同じように使える新品のインクのことです。

プリンターメーカーは、プリンター本体を安く売って、消耗品である純正インクを多く売って利益を上げるビジネスモデルをとっています。

そのため、純正インクはとにかく値段が高く、たくさん印刷する方にとってはインク代が大きな負担になります。

一方、互換インクはそうしたビジネスモデルとは関係がないので、純粋にインクだけを安く売ることができるのです。

互換インクというと『品質がよくない』というイメージがありますが、最近の互換インクは品質が高いものが開発されており、仕上がりだけを見れば純正インクと遜色ありません。

ただし、100円ショップで売っているような激安互換インクは粗悪でプリンターが壊れる原因となるので使わない方が良いです。

互換インクのメリット

純正インクより安い

互換インクの一番のメリットは値段の安さです。

互換インクのほとんどが、純正インクの半額以下でとてもお手頃。

例えば、インク革命であれば、キャノンのBCI-381/380の6色パック大容量インクが定価11,155円の65%OFFの3,960円で購入できます。

まとめ買いで激安価格からさらに割引となるキャンペーンやポイントでさらに安く購入できることも。

さらに、純正インクより容量が多いので、長く使えて交換する手間も省けます。

品質がよい

『互換インクを使うとプリンターが壊れる』『写真が汚い』

昔は確かにその通りだったのですが、今は違います

互換インクの質が上がっており、専門店で販売する品質の高い互換インクを使えば、プリンターにトラブルが発生することがなく、純正インクと変わらず長く使えます。

さらに、写真は純正インクと同じ色合いで、見分けがつかないぐらいきれいに印刷できます。

万が一の場合の保証が付いているので、互換インクが原因でプリンターが壊れても修理代金または新品への交換を保証してくれます。

互換インクのデメリット

メーカー保証が受けられない

プリンターのメーカーは、純正インクを使うことを推奨しています。

そのため、互換インクが原因でプリンターに不具合が出た場合は保証期間内(無料で修理してもらえる)であっても有償修理となってしまう場合がほとんどです。

利用者の中には、プリンターの保証期間内は純正インクを使って、その後は互換インクを使うなど使い分けている方もいるようです。

なお、インク革命やインクナビなどの互換インク専門店では、プリンター本体の保証が付いてきます。

万が一互換インクが原因でプリンターが故障しても修理代金の支払い新品への交換を保証してくれますので、新品のプリンターに互換インクを使っても安心です。

質の悪い互換インクがある

極端に安い互換インクなど、純正インクよりかなり品質が劣る互換インクがあります。

仕上がりが極端に違うことがありますし、プリンターの故障の原因となることもあります。

これを防ぐためにも、信頼できる互換インク専門店で購入するのがおすすめです。

また、仕上がりは純正インクと遜色ない互換インクでも、純正インクより早く印刷物が色あせすることがあります。

特に写真を印刷する場合は、品質が高い互換インクを利用した方がよいでしょう。

互換インクは純正インクに比べるとどのくらい安い?

純正インクの4色~6色セット商品が5,000~6,000円程度で売られているのに対し、互換インクの価格は2,000~3,000円程度です。

互換インクは純正インクの約半分ほどの値段で買えるという計算になります。

純正インクを使った場合、3万円程度のプリンターなら、5~6回インクを替えるだけでプリンター本体と同じ値段のインク代がかかります。

たまに印刷する程度ならいいですが、頻繁に印刷するとなるとかなりコストがかかってしまうことに。

その点、互換インクは比較的手軽にインク交換ができるのではないでしょうか。

互換インクのおすすめショップ

互換インク おすすめショップ

互換インクは、ネット通販、家電量販店、100円均一ショップと様々なところで購入できます。

その中でもおすすめはネット通販の互換インク専門店です。

互換インク専門店の中でも品質に優れていて、コスパが良く、保証付きで安心のおすすめショップをご紹介します。

第1位:インク革命

インク革命

価格 純正品の45%~75%OFF
保証期間 1年
プリンター保証 あり
対応メーカー エプソン、キヤノン、ブラザー、hp、リコー、DELLなど
その他ポイント ISO9001・ISO14001の認定工場で製造
最短当日発送
5,600件以上のレビューで満足度は5点満点中4.7

品質、価格、保証の全てでバランスが取れているのがインク革命

写真印刷が純正品と同等にキレイなのは、インク革命だけです。

インク代の安さや保証の厚さ、配送の早さなどおすすめポイントをご紹介します。

純正インクの半額。激安価格で購入できる

インク革命ならばインクを激安価格で購入できます。

インクにもよりますが、純正品の45%~75%OFFの価格と激安価格です。

大容量のインクを安く買えるので、買い替えや交換する手間が省けるのも嬉しいポイントです。

メーカー 品番 価格 純正品定価
キャノン BCI-381/380
(6色パック大容量)
3,960円
65%OFF
11,155円
BCI-371/370
(6色パック大容量)
3,760円
54%OFF
8,108円
エプソン KAM-6CL-L
(6色パック増量)
3,850円
50%OFF
7,678円
KUI-6CL-L
(6色パック増量)
3,260円
60%OFF
8,063円
ブラザー LC3111-4PK
(4色パック)
2,250円
46%OFF
4,136円

純正品と見間違えるほどの高品質。さらに保証付きで安心

インク革命 高品質

インク革命の互換インクは他社の互換インクよりも高品質です。

『品質にも絶対の自信があります! 』とサイトに記載している通り、純正類似率90%以上の色合いで、写真を印刷しても純正品と見栄えは変わりません。

自社で印字品質テストや耐光テスト・耐熱テストなど厳しい品質チェックを行っているため、純正インクと変わらないクオリティーを維持できているのです。

インク革命 保証

さらに嬉しいのが、保証制度。初回利用時の全額返金保証プリンター本体保証で安心感が違います。

まず試してみて、印刷品質に満足いかなかったら全額返金してくれますし、インクが原因でプリンターが壊れた場合も保証してくれます。

互換インクが初めての方も気軽に試すことが出来ます。

最短当日配送!配送が早い

インク革命 配送

配送が早いのもインク革命の嬉しいサービスです。

土日や祝日を含めて365日無休で配送しており、最短で当日中に発送してくれます。

  • 朝9時までの注文で関東1都7県・関西6県の対象地域に当日配送
  • 19時までの注文で北海道以外の対象地域に翌日配送
  • 19時までの注文で北海道の対象地域に翌々日配送

手元のインクが切れて困っている方にもこれなら安心して利用できそうですよね。

\写真印刷ならココ!激安価格なのに保証付きで安心/

第2位:インクナビ

インクナビ

価格 純正品の40%~70%OFF
保証期間 2年
プリンター保証 あり
対応メーカー エプソン、キヤノン、ブラザー、hp
その他ポイント インクの正常稼働率99.9%
注文ミス時もインク交換可能

第一位のインク革命より写真印刷の品質面では少し劣るので2位としたものの、保証面ではインク革命より安心感があるのがインクナビ

一部インクはインク革命より安いです。

そんなインクナビのおすすめポイントをご紹介します。

純正インクの半額。激安価格で購入できる

インクナビ 激安価格

インクナビも互換インクを激安価格で購入できます。

インクにもよりますが、純正品の40%~70%OFFの価格と激安価格です。

大容量のインクを安く買えるので、買い替えや交換する手間が省けるのも嬉しいポイントです。

メーカー 品番 価格 純正品定価
キャノン BCI-381/380
(6色パック)
3,687円
46%OFF
6,787円
BCI-371/370
(6色パック大容量)
4,767円
42%OFF
8,108円
エプソン KAM-6CL-L
(6色パック増量)
3,555円
54%OFF
7,678円
KUI-6CL-L
(6色パック増量)
3,036円
63%OFF
8,063円
ブラザー LC3111-4PK 2,068円
50%OFF
4,136円

文書印刷ならば品質は抜群!写真もOK

インクナビ 品質

インクナビの互換インクは正常稼働率99.9%と高品質なインクです。

互換インクを利用してもプリンターにトラブルが発生することがなく、文字や図表をキレイに印刷できるクオリティーを実現しています。

インクナビのインクは、オフィス文書向けに開発されたものですが、写真の仕上がりもなかなかのもの。

ただし、長期保管すると色あせしやすいため、アルバムやフォトブックに保管する写真を印刷するならインク革命の方が良いでしょう。

保証期間が2年!他社より厚い保証で安心

インクナビ 保証

インク革命・インクパークスは保証期間が1年のところ、インクナビは保証期間が2年間で他社の倍です。

インクの保証に加えて、プリンタ本体も保証してくれるので、安心感が高いです。

インクナビの互換インクを使用してプリンターが壊れた場合、新品プリンターを提供、または修理費用を負担から好きな方を選べます。

また、インクの品質トラブルに加えて、型番を間違えた場合でもすぐ新しいインクに交換してもらえるので、うっかりミスをした経験がある方も安心ですね。

\稼働率99.9%&保証期間が2年で安心!/

第3位:インクパークス

インクパークス

価格 純正インクの40%~65%OFF
保証期間 1年
プリンター保証 なし
対応メーカー エプソン、キヤノン、ブラザー、hp
その他ポイント 15時までの決済完了で当日発送
インクはISO9001・ISO14001の認定工場で製造
実店舗での受け取り可能

品質や保証面でインク革命、インクナビより少し劣ることから3位としたものの、一部インクが激安なのがインクパークス

文書印刷ならばコスパでインクパークスを選ぶのもアリでしょう。

そんなインクパークスのおすすめポイントをご紹介します。

純正インクの半額。激安価格で購入できて黒インクおまけサービスも

インクパークスも互換インクを激安価格で購入できます。

インクにもよりますが、純正品の40%~65%OFFの価格と激安価格です。

さらに、3,000円以上購入で、黒インク1本おまけサービスがあるので、価格以上にお得なのがインクパークスのポイントです。

新規会員登録で100ポイントプレゼント中ですので、初回から100円引きで購入できるのもお得ですね。

メーカー 品番 価格 純正品定価
キャノン BCI-381/380
(6色パック大容量)
4,150円
46%OFF
11,155円
BCI-371/370
(6色パック大容量)
3,080円
42%OFF
8,108円
エプソン KAM-6CL-L
(6色パック増量)
3,680円
54%OFF
7,678円
KUI-6CL-L
(6色パック増量)
2,980円
63%OFF
8,063円
ブラザー LC3111-4PK 2,350円
42%OFF
4,136円

純正品の95%~97%程度の高品質。文書も写真もOK

インクパークスの互換インクは、品質マネジメントシステムに関する国際規格ISO9001、環境マネジメントシステムに関する国際規格ISO14001の認定工場で作られており、品質に関してはお墨付き

公式サイトにも『純正品と比べても高品質(純正品の95%~97%の品質)』と記載があり、文書はもちろん、写真もキレイに印刷できます

ただし、インクナビと同様に、長期保管すると色あせしやすいです。

公式サイトにも『長期保存する写真には向きません』との記載ある通り、アルバムやフォトブックに保管する写真を印刷するならインク革命の方が良いでしょう。

インクパークスにはプリンター本体の保証がない

インクパークスはインク革命やインクナビと異なり、プリンター本体の保証がありません。

互換インクが原因でプリンターが故障した場合でも、自己責任となります。

品質は間違えなく良いので、故障する確率は低いとは思いますが、新品のプリンターで使う場合は、インク革命インクナビの方が安心と言えるでしょう。

\新規会員登録で100円割引/

互換インクを利用する際の注意点

互換インクの注意点

互換インクを使うときにはどのようなことに注意したらよいのでしょうか。

これから互換インクを使うにあたって覚えておきたいことをお伝えします。

互換インクとリサイクルインクは違う!互換インクの方が安くておすすめ

プリンターのインクには、純正インク・互換インクの他に、リサイクルインク(再生インク)というものがあります。

これは一度使い終わった純正インクのカートリッジを回収し、新しくインクを補充したもの。

リサイクルをするためにはそれなりのコストがかかるので、価格は純正インクと互換インクの間くらいで互換インクの方が安いです。

『純正インクのカートリッジを使うってことは、インクも純正と同じものなのね』と思うかもしれませんが、実はリサイクルインクで補充されるインクは純正のものではありません。

また、容器はその名のとおりリサイクルしたもので新品ではないので、ICチップがうまく認識されない、インクが目詰まりするなど、リサイクルインク特有のトラブルが起こりがちです。

リサイクルインクより質がよくて安い新品の互換インクのほうが間違えなくお得です。

名前が似通っているので間違えないようにしましょう。

互換インクと純正インクを混ぜて使ってもよい?

互換インクと純正インクを混ぜて使っても問題ありません。

インク革命の公式サイトでも『問題なくご使用頂けます。』と記載があります。

現在は純正インクを使っていて、『これが終わったら互換インクに切り替えよう』と考えている方もこれなら安心ですね。

違うメーカーの互換インクを混ぜて使ってもよい?

純正インクと互換インクの併用は問題ありませんが、異なるショップで購入した互換インクの併用は避けたほうが無難です。

互換インク同士の相性が悪いとプリンターの目詰まりや故障の原因となる場合があります。

さらに、互換インクの保証の対象外となる場合があります。

互換インクを切り替える場合は、全色同時に取り換えるようにしましょう。

写真印刷をするならばインク革命の互換インクを利用するのがおすすめ

互換インクを使って写真印刷をするならば、インク革命がおすすめです。

インクナビやインクスパークの互換インクでも、写真自体はキレイに印刷できるのですが、長期保管に向いておらず、色あせしてしまう場合があります。

その点、インク革命の互換インクは、写真をきれいに印刷できて、色あせしにくい高品質のインクを利用しています。

写真印刷でも全く純正品と同等の品質をクリアできているのはインク革命だけですので、写真印刷をするならインク革命の互換インクを使いましょう。

\写真印刷するココ!激安価格なのに保証付きで安心/

まとめ

マキ
マキ
互換インクは信頼できる専門店で購入すれば、インク代が安い上にきれいに印刷できるので、積極的に利用した方が良いでしょう。

  • 互換インクは純正インクの半額程度で購入できる
  • インク革命、インクナビ等の高品質で保証付きの専門店で購入するのが安心
  • 写真印刷をするならばインク革命がおすすめ

互換インクを上手に利用して、写真・文書・年賀状の印刷、コピーなどでプリンターにかかる費用を抑えましょう。

互換インクならば一回の交換で数千円得するので、浮いたお金で美味しい食事や趣味を充実させてみてはいかがでしょうか?

年賀状印刷おすすめランキング!料金が安くてキレイで早いのはココ年末年始が近づくと年賀状に悩む方も多いのではないでしょうか? 『年賀状を一枚一枚印刷するのが面倒。。年末が近くて忙しいし。でも早く...